マネとモネ

B4変型判 64ページ
作品点数 40点
本体価格 ¥2,913(プラス税)

マネとモネ
 
 
なんて美しい光!そうだ、この光を描ける画家になろう。
おそらくぼくは花のおかげで画家になれたのかもしれない。(モネ)
この本を買う
 
   
  ●エドゥアール・マネ

 
 
マネ ”勉強なんか大嫌い”
エドゥアール・マネは1832年1月パリに生まれました。司法官だったおとうさんはマネにも法律を勉強して、自分とおなじ道をすすんでほしいと願っていました。ところがマネは、勉強よりも絵をかくことのほうがずっと好きだったので、ルーヴル美術館にでかけては、そこに飾られている絵をえんぴつでスケッチしていました。
 
   
  ●クロード・オスカール・モネ

 
 
モネ ”海の好きな少年”
クロード・オスカール・モネは 1840年11月、パリに生まれました。  モネが5歳のとき、一家は海のそばにある町ル・アーブルに 引っ越しをします。モネは17歳まで、ここに住んでいました。 海が大好きだったモネはまい日海辺を走りまわって遊びました。
   
この本を買う
 
→TOPページへ