レオナルド・ダ・ヴィンチrとミケランジェロ

B4変型判 60ページ
作品点数 32点
本体価格 ¥2,913(プラス税)

9 レオナルド・ダ・ヴィンチrとミケランジェロ
 
 
画家のこころは、鏡のようなものであるべきだ。
自然がつくりだす、 あらゆる変化をそのままに描く力をもたなくてはならない。
(レオナルド)
この本を買う
 
   
  ●レオナルド・ダ・ヴィンチ

 
 
レオナルド・ダ・ヴィンチ ”天才少年レオナルド”
今からおよそ500年以上も
前のことです。1452年4月15日、イタリアの町 フィレンツェから西へ40キロほどはなれたところにあるヴィンチ村に、ひとりの男の子が生まれました。
その子の名は レオナルド。
そうです。のちに「モナ・リザ」をえがくことになるレオナルド・ダ・ヴィンチの誕生です。 レオナルド・ダ・ヴィンチとは「ヴィンチ生まれの レオナルド」 という意味もあります。ヴィンチ村は、山や川、ぶどう畑や 果樹園にかこまれ、 いつも 小鳥の声が聞こえる のどかで 平和な村でした。
 
   
  ●ミケランジェロ・ブォナローティ

 
 
ミケランジェロ ”天才同士の熱い戦い”
1504年、イタリアの町
フィレンツェは にぎやかに栄え、イタリアだけでなく 世界中からさまざまな人があつまり、
せまい通りはいつもゆきかう人びとや楽団や馬であふれていました。そんなフィレンツェの町をおさめていたフィレンツェ議会は、ある日ひとりの若い彫刻家に大会議室をかざる壁画をえがくようにいいわたしました。
   
この本を買う
 
→TOPページへ