イエスの誕生とうわさの壁画

B4変型判 64ページ
作品点数 36点
本体価格 ¥3,200(プラス税)

イエスの誕生とうわさの壁画20
 
 

ときは15世紀、ところはイタリア、花の都といわれたフィレンツェの華やかな時代に描かれた、
メディチ宮殿の壁画がいま、おはなし名画の一冊としてあざやかによみがえりました。
その世界は500年の時がながれた今も、とうじの人びとの暮らしぶりやできごとをいきいきとつたえ、
わたしたちに感動をあたえてくれるのです。

この本を買う
 
 
イエスの誕生と東方の三博士
【イエスの誕生と東方の三博士】
さいしょにイエスをおがみにきたのは、 まずしい羊飼いたちでした。


イエスの誕生と東方の三博士

メディチ宮殿礼拝堂の壁画
【メディチ宮殿礼拝堂の壁画】
うすぐらい光の中で、御子とマリア、そして精霊の鳩が光りかがやいています。
そこでゴッツォリは、祭壇の左右に神の誕生をいわう天使たちを描きました。

 

 

【イエスの誕生と東方の三博士】
その夜、マリアのあかちゃん、救い主イエス・キリストは生まれました。マリア はそのあかちゃんをうぶぎにくるみ、かいば桶にねかせたのです。

 
この本を買う
 
     
→TOPページへ